家相は意味ない? 正しい間取りの選び方。

こんにちは、サニです。

無題.png

あなたはこれから家を建てるところでしょうか?

それとも、別の住居へお引越しを考えているところでしょうか?

いずれにしろ、新しく住む家の間取りは、誰しも気になるところですね。

ですが、あまり家相などにこだわりすぎると、逆に良い家を逃してしまうことにもなりかねません。

そこで、今回は、スピリチュアル的に見た間取りの選び方をご紹介したいと思います。

 

ちょっと待った! 家を建てる前にアレやった!?

家を建てる前に、必ずやらなければいけないことがあります。

それは、「地鎮祭」。

地鎮祭とは、その土地、その場所に住んでいる自然霊に対するご挨拶のようものです。

みなさんも、引っ越しをされたときや家を建てたとき、ご近所に挨拶周りにいかれますよね?

それと同じように、その土地に住む自然霊さんにもちゃんとあいさつをしなければいけません。

「これから、こちらに住まわせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします」

そんな気持ちを込めて、神主さんにお祓いをお願いしましょう。

oharai_kannushi.png

 

これさえしておけば、土地の障りは大丈夫!

上記のとおり、地鎮祭は先住民である自然霊へのご挨拶。

神主さんにしてもらうお祓いは、悪霊や、悪いエネルギーを祓うという意味があります。

その際、自然霊さんへの塩、お酒、米のお供えものも忘れずに用意してくださいね。

 

家相全然気にしなくても大丈夫?

気にしすぎる必要はありませんが、ポイントは抑えておくべきでしょう。

fukei_mura

まず、大事なのは鬼門に気を付けること。

鬼門は、北東15度です。

そして、その真逆である

南西15度が、裏鬼門と言われる方角です。

 

この鬼門は、負のエネルギーを呼び込むと言われています。

ですので、鬼門や裏鬼門には玄関が来ないように、間取りを考える必要があります。

 

でももう、既に玄関が鬼門にあたります。どうしたらいい!?

pose_koshi_nukeru_kowai_man.png

 

その場合は、植木を置くといいでしょう。また、赤い花は、邪気を祓う効果がありますので、赤い花の植木鉢がオススメです。

以上のことだけ最低限気を付けておけば、あとは気の流れだけ意識して間取りは決めればよいでしょう。

気が流れやすいというのは、風通しが良いのをイメージするとわかりやすいかと思います。

 


※参考文献:江原博之携帯文庫 引っ越しマニュアル